省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

杉山清彦「大清帝国史研究の現在――日本における概況と展望――」

杉山清彦「大清帝国史研究の現在――日本における概況と展望――」『東洋文化研究』第10号、学習院大学東洋文化研究所、2008年3月、pp.347-372
 はじめに――「大清帝国史」とはなにか
 一 「清朝・満洲史研究」をめぐって
 二 「清朝・満洲史研究」の流れ
  (一)「満洲史」の時代
  (二)「清朝史」研究の確立と推移
 三 「清朝・満洲史研究」の現在
 四 大清帝国史の構築へむけて
 おわりに――ふたたび「大清帝国史」とはなにか

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<にんぷろ・黒潮班『近世東アジアと黒潮圏交流 国際共同研究会報告書』 | ホーム | 杉山清彦「明初のマンチュリア進出と女真人羈縻衛所制」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。