省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

杉山清彦「明初のマンチュリア進出と女真人羈縻衛所制」

杉山清彦「明初のマンチュリア進出と女真人羈縻衛所制――ユーラシアからみたポスト=モンゴル時代の北方世界――」菊池俊彦・中村和之(編)『中世の北東アジアとアイヌ――奴児干永寧寺碑文とアイヌの北方世界――』高志書院、2008年3月、pp.105-134
 はじめに
 一 元明交替期の大状況とマンチュリア
 二 永楽帝のマンチュリア経略とヌルガン都司
  (1) 羈縻衛所の展開とヌルガン都司経営
  (2) ヌルガン都司経営の実態と交易の動向
 三 永楽政権とヌルガン都司・永寧寺
  (1) 対モンゴル戦略とマンチュリア経営
  (2) 永寧寺と白山寺
  (3) 永楽政権の人材登用とヌルガン都司経営
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<杉山清彦「大清帝国史研究の現在――日本における概況と展望――」 | ホーム | 杉山清彦「清初八旗制下のマンジュ氏族」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。