省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

八尾隆生「ヴェトナム黎朝前期昇龍城研究初稿」

八尾隆生「ヴェトナム黎朝前期昇龍城研究初稿」『広島東洋史学報』第12号、2007年12月、pp.54-75
 はじめに
 一 昇龍城に関する史料に関して
 二 出来うる限りの都城再現作業
  1 李朝の宮殿配置
  2 黎朝の京城・皇城・宮城
   2-1 大羅城=京城
   2-2 皇城=昇龍城
    2-2-1 皇城門
    2-2-2 皇城東部地区
    2-2-3 西部地区
   2-3 宮城
    2-3-1 宮城南門
    2-3-2 端門
    2-3-3 丹墀
    2-3-4 敬天殿(正殿)及び他の宮殿
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<中村武司「ネルソンの国葬――セント・ポール大聖堂における軍人のコメモレイション――」 | ホーム | 八尾隆生「ヴェトナム紅河デルタ・ニンビン省瑰池社の開拓史――国家と地方官、民との交渉再考――」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。