省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

杉山清彦「大清帝国の政治空間と支配秩序―八旗制下の政治社会・序論―」

杉山清彦「大清帝国の政治空間と支配秩序―八旗制下の政治社会・序論―」『大阪市立大学東洋史論叢 別冊特集号 文献資料学の新たな可能性3』〈文部科学省科学研究費特定領域研究「東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成――寧波を焦点とする学際的創生――」文献資料研究部門 2006年度研究成果報告〉、2007年12月、pp.245-270
 問題の所在
 1. マンジュ王朝としてみた大清帝国の政治秩序
 2. 儀礼・議政の空間にみる帝国の支配秩序
  (1) 瀋陽:盛京城
  (2) 北京・紫禁城
  (3) 熱河・承徳:避暑山荘
 3. 帝国の支配秩序と皇帝を取り巻く人びと
 小結

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<科研費の交付内定 | ホーム | 岡本弘道「古琉球期の琉球王国における「海船」をめぐる諸相」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。