省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大阪大学歴史教育研究会 第23回例会/海域アジア史研究会 4月特別例会

大阪大学歴史教育研究会のウェブサイトより。

以下の例会は、大阪大学歴史教育研究会と海域アジア史研究会の共催で行われます。

なお、準備の都合がございますので、参加希望者は以下の連絡先、もしくは上記リンク先の海域アジア史研究会ウェブサイトに掲載されております問い合わせ先まで、事前にご連絡下さい。


【大阪大学歴史教育研究会 第23回例会】
【海域アジア史研究会4月特別例会】


日時:2008年4月19日(土) 13時30分~17時00分

場所:大阪大学豊中キャンパス文学部棟2階 第一会議室
 (文学部棟の正面玄関を入って右手の階段を上がり、右にまっすぐ進んだところにあります)
※大阪大学文学部・大阪大学大学院文学研究科へのアクセスマップ

報告者・報告タイトル(敬称略):
 岡本弘道(関西大学COE-PD〈ポスト・ドクトラル・フェロー〉・大阪大学等非常勤講師)
 「"冊封体制"と"勘合貿易"―日本史の呪縛を超えて―」
コメント 大西信行(中大杉並高)

参考文献
1.李成市『東アジア文化圏の形成』(山川出版社・世界史リブレット、2000年)
2.伍躍「日明関係における「勘合」―特にその形状について―」(『史林』84-1、2001年)


【参加申し込み・問い合わせ先】
後藤敦史(大阪大学大学院文学研究科 特任研究員)
Tel & Fax: 06-6850-5101(大阪大学大学院文学研究科 日本史研究室)
E-mail: rekikyo(a)yahoo.co.jp ※(a)を@に変更してください。


テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<旧メールアドレスの使用停止 | ホーム | 佐藤実『劉智の自然学―中国イスラーム思想研究序説―』>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。