省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

レオナルド・ブリュッセイ(著)『竜とみつばち―中国海域のオランダ人400年史―』

レオナルド・ブリュッセイ(著)/深見純生・藤田加代子・小池誠(訳)
『竜とみつばち――中国海域のオランダ人400年史――』晃洋書房、2008年3月、16+235p


日本語版への序文/はじめに

第1章 中国と世界
1 朝貢と儀礼/2 絹の道/3 中国のコロンブス/4 長城と海禁/5 福建の海洋伝統/6 中国の海外関係
第2章 ヨーロッパの海外発展
1 神、黄金、栄光/2 二人のパイオニア
第3章 中国への道
1 最初の航海/2 マカオの出会い/3 勢力の結集/4 二度目の試み/5 宦官・地方官僚・商人/6 さらなる試み
第4章 武断政策の挫折
1 沿岸の拿捕船/2 澎湖事件(1622~1624年)/3 〈仲介〉商人
第5章 イリャ・フェルモサ――美麗なる島――
1 鄭子竜の台頭/2 最初の一〇年/3 平定(1634~1642年)/4 統治と反乱(1643~1652年)/5 鄭成功の台頭/6 危機の七年(1653~1660年)/7 籠城(1661~1662年)/8 総括
第6章 中国文化の発見
1 書籍、地図、図集/2 様々な中国像
第7章 中国のヨーロッパ制覇
1 茶と磁器/2 新しい道/3 嗜好の変化/4 〈シノワズリー〉/5 広州の生活/6 皇帝に〈叩頭〉/7 イギリスの覇権/8 終わりゆく役割
 【コラム1】空利に踊る人々
 【コラム2】タイムカプセル
第8章 東インド諸島における中国人の発展
1 中国人移民/2 バタヴィアの中国人/3 バタヴィア製糖業の発展/4 中国人大虐殺/5 植民地支配と中国人住民集団
第9章 中国の科学的発見
1 中国語通訳の養成/2 理論と実践/3 中国学の方向性
 【コラム3】中国における学習
第10章 外交関係の樹立
1 外交と領事業務の軋轢/2 公正な中立をめざして/3 中国人の解放運動
 【コラム4】理想の美を求めて
第11章 媒介者と開拓者
1 伝道と布教/2 ヘンク・スネーフリート――政治の伝道者/3 二人の漂泊作家/4 二人の中国学者/5 領事から実業家へ/6 三つの世界の間のプラナカン
第12章 新たな出発
1 オランダの中の中国/2 通商関係/3 文化と科学

おわりに

訳者による解説/文献案内

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<佐藤実『劉智の自然学―中国イスラーム思想研究序説―』 | ホーム | 韓国調査旅行・その1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。