省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中村和之「李志恒『漂舟録』にみえるアイヌ語について」他二篇

中村和之「李志恒『漂舟録』にみえるアイヌ語について」『北海道民族学』第3号、2007、pp.22-28
 はじめに
 1 李志恒『漂舟録』が伝える漂流してから松前着までの顛末と日本側の記録
 2 『漂舟録』にみえるアイヌ語の検討
  2-1 アイヌ語の地名
  2-2 蝦夷通事から教えてもらったアイヌ語
  2-3 堯老和那という植物名
 おわりに

中村和之「李志恒『漂舟録』にみえる「石将浦」について」『帯広百年記念館紀要』第25号、2007、pp.1-8
 はじめに
 1 李志恒『漂舟録』が伝える漂流してから松前着までの顛末と日本側の記録
 2 『漂舟録』にみえる石将浦についての考察
 3 資料に現れる石狩の検討
 おわりに

中村和之「李志恒『漂舟録』にみえる「羯悪島」について」『史朋』第39号、2007、pp.1-6
 はじめに
 一 李志恒『漂舟録』が伝える漂流から松前着までの顛末と日本側の記録
 二 『漂舟録』にみえる羯悪島
 おわりに
拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大阪大学歴史教育研究会 第15回例会/海域アジア史研究会2007年5月例会 | ホーム | 岩井茂樹「清代の互市と“沈黙外交”」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。