省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

榎本渉「新羅海商と唐海商」

榎本渉「新羅海商と唐海商」佐藤信・藤田覚(編)『前近代の日本列島と朝鮮半島』山川出版社〈史学会シンポジウム叢書〉(5章)、2007年11月、pp.81-94
 はじめに
 1 唐海商・新羅海商・渤海海商
 2 海商の呼称の根拠
 3 新羅人と唐人の協業
 4 新羅海商の命脈
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<荷見守義「明代遼東守巡道考」 | ホーム | 佐藤貴保「西夏の二つの官僚集団―十二世紀後半における官僚登用法―」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。