省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

佐藤貴保「西夏の二つの官僚集団―十二世紀後半における官僚登用法―」

佐藤貴保「西夏の二つの官僚集団―十二世紀後半における官僚登用法―」『東洋史研究』第66巻第3号、2007年12月、pp.34-66
 はじめに
 一 『金史』交聘表に見る朝貢使節の人選
  一 使節派遣の目的
  二 正使・副使の官称号
  三 服装の異なる二つの官僚集団
  四 再任のされ方
 二 『天盛禁令』編纂者リストに現れる官僚集団
  一 官称号の帯び方の特徴
  二 「学士」「博士」の集団
  三 「殿前司」「内宿司」の集団
  四 武官系官僚の採用法
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<榎本渉「新羅海商と唐海商」 | ホーム | 西村昌也「北部ヴェトナム紅河平原における輪中型堤防形成に関する試論」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。