省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

向正樹「蒲寿庚軍事集団とモンゴル海上勢力の台頭」

向正樹「蒲寿庚軍事集団とモンゴル海上勢力の台頭」『東洋学報』第89巻第3号、2007年12月、pp.67-96
 はじめに
 第一章 蒲寿庚の招撫使と提挙泉州市舶の実質
  (一)南宋末期福建における招撫使
  (二)蒲寿庚の私的軍事集団
  (三)泉州蒲姓と市舶司貿易
 第二章 投降前後の情勢と蒲寿庚の役割
  (一)モンゴリア情勢・泉州の軍事状況と蒲寿庚の役割
  (二)モンゴル海上勢力の台頭と海上の諸集団
  (三)投降後の軍事活動
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<高橋忠彦・佐藤正光・蘇明明「釈皎然の茶詩〔唐宋茶詩訳注1〕」 | ホーム | 西尾賢隆「蘭渓道隆の法語」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。