省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

西尾賢隆「蘭渓道隆の法語」

西尾賢隆「蘭渓道隆の法語」花園大学『禅学研究』第86号、2008年、pp.54-77
 はじめに
 一 示左馬禅門
 二 大覚録の序・跋
 三 頂相賛
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<向正樹「蒲寿庚軍事集団とモンゴル海上勢力の台頭」 | ホーム | にんぷろ・ワークショップ「中国陶瓷貿易から見たインド洋海域とアジア海域の連関性」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。