省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

にんぷろ・ワークショップ「中国陶瓷貿易から見たインド洋海域とアジア海域の連関性」

にんぷろ・本家サイトにはまだ掲載されていないが、ワークショップのお知らせを以下に転載する。
【追記】本エントリ公開直後、にんぷろサイトを覗いてみると早速掲載されていました。恐らく当方の掲載よりは早いです。とはいえ、本エントリ末尾に書いたことはやはり必要だと思いますので、改めて関係する方々に御一読をお願いする次第です。

特定領域研究「海域比較研究---インド洋海域世界と地中海海域世界における地域間
交流の諸相」(寧波プロジェクト)、笹川科学研究助成「陶磁器に見るモンゴル帝国時
代インド洋海域世界の経済交流および文化交流の研究」共催ワークショップ

「中国陶瓷貿易から見たインド洋海域とアジア海域の連関性」
The linkage pattern between Maritime Asia and the Indian Ocean world
from the perspective of Chinese ceramic trade


日時:2月17日(日)13:00~17:30 
場所:東京大学 本郷キャンパス 法文1号館1階115教室

13:00-13:10 四日市康博(九州大学)
 趣旨説明:

13:10-13:40 森達也(愛知県陶磁資料館)
 「イランArdabil伝世およびペルシャ湾北岸部港湾遺跡出土の中国陶瓷」

13:40-14:10 四日市康博(九州大学)
 「モンゴル時代の中国・イラン間におけるKish商人の貿易活動」

14:10-14:25 質疑応答

14:25-14:55 阿部克彦(神奈川大学)
 「Ardabil出土の陶瓷器にみる中国・イスラーム文化交流」

14:55-15:25 鈴木英明(東京大学大学院博士課程)
 「港湾から見たインド洋海域世界---フィールドワークの立場から」

15:25-15:55 森達也(愛知県陶磁資料館)
 「アジア海域の陶瓷器貿易にみる江南文化の伝播」

15:55-16:10 質疑応答
16:10-16:25 休憩

16:25-16:45 佐々木達夫(金沢大学)
 コメント:「インド洋海域の陶瓷器貿易」

16:45-17:30 全体討論

※趣旨説明については、本家サイトの掲載内容を御確認ください。


ところで、研究会等の案内を掲載するに当たっては、その判断にかなり気を遣う。
というのは、その研究会がオープンなものなのかクローズドなものなのか、あるいは特定の人間にだけ開かれているセミクローズドなものなのか、区別がつかないことが間々あるからである。
一番わかりやすいのがその学会・研究会等のウェブサイトに案内が掲載されているケースで、これは既に不特定多数に公開されているわけであるから、基本的に掲載に問題はない。
その学会・研究会のウェブサイトに載っていない、あるいはウェブサイト自体を持っていないという場合でも、別のサイトあるいはブログ・掲示板等に掲載されている場合はひとまずOKと判断している(別途メールにて案内を頂戴しているにもかかわらず、本ブログの研究会案内に琉球史Cafeの「後追い」が多いのはそのためである)。
今回のようににんぷろのワークショップであれば、基本的にクローズドではあり得ないと独自に判断して、予め掲載するということもある。

ただし、主催者側の都合や趣旨・テーマ等によっては、クローズドとまでは行かなくても、あまりネット上の不特定多数に対して発信して欲しくないというケースはあり得る。
また、連絡先の担当者名・住所・電話番号・メールアドレス等の情報についても、ネット上に公開するのは好ましくないということもあるだろう(特にメールアドレスについては深刻な問題であり、これについては後日改めて考えてみたい)。

一方で、ただでさえ類似の研究会・シンポジウム等が乱立し、それぞれの集客能力が(そのイベント自体の魅力や価値とは無関係に)低下する昨今、こういった情報はできる限り公開して、可能な限り発信する必要があるとも思う。
できることならば、この手の情報を、特にメールなどでお知らせいただく際には、オープンな場で発信してもかまわないかどうか、連絡先情報はどこまで公開してかまわないか、明記していただけるとありがたい。
もちろん、主催者自身が自らウェブサイトを持ち、いち早く情報発信していただくのが一番なのではあるが。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<西尾賢隆「蘭渓道隆の法語」 | ホーム | にんぷろ・国際シンポジウム「東アジア海域世界における交通・交易と国家の対外政策」>>

コメント

お知らせを転載していただき、ありがとうございました。本ワークショップは専門性は高いものの、基本的にオープンです。が、会場の都合などにより、主に関連の深い研究者を対象としてお知らせしました。ご指摘の点、今後は注意してゆきたいと思います。
2008-01-23 Wed 17:09 | URL | YOKKAICHI [ 編集 ]
YOKKAICHIさん、コメントありがとうございます。
正直この件に関しては、自分でもちょっと神経質過ぎるかなとも思っていました。クローズドと明記していなければ載せてかまわないはず、という判断もアリだとは思います。ただ、特に我々学術関係の人間は、他分野に比べてそのあたりがやや配慮が足りないような気がします。「対策抜きで」メールアドレスを公開されてしまうというのはその最たる例ですが…。
ともかく、せっかくの研究会情報ですから、気兼ねなく周知していただけるのが一番ということで、駄文を連ねてみた次第です。今後ともよろしくお願いいたします。
2008-01-24 Thu 21:34 | URL | おかもと@管理人 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。