省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

にんぷろ・国際シンポジウム「東アジア海域世界における交通・交易と国家の対外政策」

にんぷろに関わる以下のシンポジウムのプログラムを転載。
ひとまず琉球史Cafeからの転載だが、本家サイトにも近日中に案内がでるものと思われる。
【追記】本エントリ公開直後、にんぷろサイトを覗いてみると早速掲載されていましたので、そちらも御参照ください。

国際シンポジウム「東アジア海域世界における交通・交易と国家の対外政策」

開催期日:2008年2月3日(日)
場所:大阪市立大学学術情報総合センター1階・文化交流室
総合司会:平田茂樹(大阪市立大学)

[午前の部] 9:00―12:25
趣旨説明:井上 徹
曹家斉(中山大学)「宋代の交通と対外政策」
 コメント 山崎覚士(大阪市立大学)
矢澤 知行(愛媛大学)「元代の水運・海運と両浙社会」
 コメント 森田健司(奈良大学) 
榎本 渉(東京大学)「文書史料から見る13世紀の日宋貿易」
 コメント 山崎覚士(大阪市立大学)

[午後の部] 13:25―18:40
井上 徹(大阪市立大学)「明朝の対外政策と両広社会」
 コメント 甘利弘樹(大分大学) 
陳春声(中山大学) 「明清之際的潮州海商及其在寧波周囲港口的活動」
 コメント 山崎岳(京都大学人文科学研究所)
劉志偉(中山大学) 「鴉片戦争前後的寧波与広州―以葉名?档案為中心」
 コメント 中島楽章(九州大学)

<東アジア海域交流の観点より>
荷見守義(弘前大学)「明代東アジア海域の国際交流―江南‐遼東‐朝鮮(高麗)」
渡辺美季(東京大学)「琉球における対異国船漂着体制」 
六反田豊(東京大学)「朝鮮半島における不審船の接近への地方官の対応について―『東莱府啓録』を素材にしてー」 

総合討論

 

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<にんぷろ・ワークショップ「中国陶瓷貿易から見たインド洋海域とアジア海域の連関性」 | ホーム | 沖縄考古学会1月定例研究会>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。