省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新年の御挨拶

といいながら、もう一週間も過ぎてしまった。

世の中は既に通常モードで回り始めている。
我が身を振り返っても、あれだとかこれだとか、さっさと片付けてしまわないといけないお仕事がいくつも溜まってしまっている。

ただ、年賀状の旧住所からの転送分を考えると、もうしばらくは「あけましておめでとう」気分が続くかも知れない。
こちらからもちゃんと返信しておかないと、音信不通になってしまうしね。



もしかしたらお気付きの方もいるかも知れないが、このブログにも微妙に手を加えてみた。

まず、「学会・研究会」のエントリだが、昨年は開催日の日付で載せていたものを、投稿日の日付に戻してみた。
開催予定の学会や研究会が増えると、それ以外の記事を新しく書いてもトップに表示されず、誰にも気づかれない可能性が高くなる。
もともとそんなに力を入れてオリジナル記事を書こうというブログではないが、たまに書いても誰にも気づかれないというのでは、余計書く気が失せてしまう。
まあ、普通のやり方に戻しただけなのだが、みんながやっていることにはそれなりの理由があるということであろう。

ただ、そうすると今度は逆に学会・研究会の告知が新しいエントリに埋もれてしまう可能性が出てくるので、新たにトップページに告知用のスペースを確保してみた。
最初はちょっと戸惑ったが、テンプレート機能一覧を参考にして、トップページを見ている時に「だけ」表示されるように設定してみる。
今のところ、管理人の耳に入ってくる“関係ありそうな”研究会等のみ載せているが、もうしばらくしたら『海域アジア史研究入門』をはじめとして、管理人が関係している書籍が続々出版される予定なので、そういう情報の告知にも使えそうである。

さらに、カレンダーなどのプラグインも追加してみた。

もともと、カスタマイズの自由度の高さに惹かれて、ここのブログサービスを選んだわけで、これからもちょくちょくいじくってみるつもりである。

もっとも、ブログの設定以前に、中味の充実がより重要である。
もともと「雑記」のつもりでやっているので、それほど「読ませる」ことにこだわっているわけでもないのだが、それでもたまには読んでほしい文章を書くこともあるし、読んだ本についてあれこれ紹介してみたい時もあるし、調査等の報告の場として活用する場合だってある。
琉中学会の参加記も書こう書こうと思いつつ去年中はついに書けなかったので、近日中に公開するつもりではいるのである(徐さん、リクエストいただきながらすみません)。

とは言いながら、とりあえずは当面の〆切が最優先なのだが…(泣)。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

日々雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<関西大学ICIS・COE講演会(第7回創生部会) | ホーム | にんぷろ・ワークショップ「東アジア海域の地方統治」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。