省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大阪大学歴史教育研究会 第21回例会

大阪大学歴史教育研究会ウェブサイトよりの転載。


【大阪大学歴史教育研究会 第21回例会】


 大阪大学歴史教育研究会(第21回例会)を下記要領にて開催いたします。皆様お誘い合せのうえ、ふるってご参加下さいますようお願い申し上げます。なお、開始時間、会場ともに通常とは異なりますので、ご注意下さい。

日時:2008年1月19日(土) 14時00分~17時30分
会場:大阪大学豊中キャンパス 待兼山会館2階会議室
キャンパス・マップ35. 待兼山会館をご確認下さい)

報告者および題目(報告順未定、敬称略):
杉本淑彦(京都大学大学院文学研究科教授)
 「大学生が創った二十世紀版高等学校用教科書 ~私たちはこんな教科書で学びたかった!」
秋田茂(大阪大学大学院文学研究科教授/西洋史学)
 「三つのヘゲモニー国家とグローバルヒストリー ─大阪大学共通教育「西洋史学基礎」科目での授業例─」


【参加申し込み・問い合わせ先】
後藤敦史(大阪大学大学院文学研究科 特任研究員)
Tel & Fax: 06-6850-5101(大阪大学文学部日本史研究室)
E-mail: rekikyo(a)yahoo.co.jp ※(a)を@に変更してください。


(最終更新日:2007年12月23日)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<歴史学の危機 | ホーム | 関西大学文化交渉学教育研究拠点 第1回研究集会「東アジアにおける書院研究」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。