省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

関西大学文化交渉学教育研究拠点 第1回研究集会「東アジアにおける書院研究」

関西大学グローバルCOEプログラムウェブサイトに掲示されているポスターのPDFファイルよりの転載。

文部科学省グローバルCOEプログラム
Institute for Cultural Interaction Studies
関西大学文化交渉学教育研究拠点


二松学舎大学21世紀COEプログラム
Establishment of World Organization for Kanbun Studies
日本漢文学研究の世界的拠点の構築


 共催

ICIS第1回研究集会「東アジアにおける書院研究」

期日:2008.1.26(土)
会場:関西大学東京センター(東京駅日本橋口)

PROGRAM

10:00-10:15 開会挨拶  陶徳民(関西大学ICISリーダー)
 〈書院研究の現状と展望〉
10:15-10:45 基調報告 吾妻重二(関西大学ICIS)
   「東アジアにおける書院研究の展望」
10:45-11:15 報告「中国における書院研究の現状と課題」
    洪波(湖南大学教授)
11:15-11:45 報告「韓国における書院研究の現状と課題」
   薛 錫圭(國學振興院研究部長)
11:45-12:15 報告「べトナムにおける伝統的私塾研究のための予備的報告」
   嶋尾 稔(慶應義塾大学言語文化研究所准教授)

 特別講演Ⅰ
13:30-14:00 「足利学校と漢籍収蔵について」
   厳 紹 (北京大学教授、ICIS客員教授)
 〈書院の諸相〉
14:00-14:20 講演「岳麓書院について」
    洪波(湖南大学教授)
14:20-14:40 講演「陶山書院について」
   薛 錫圭(國學振興院研究部長)
14:40-15:00 コメント 馬淵昌也(学習院大学教授)
 討論

 〈書院の諸相〉
15:20-15:40 講演「懐徳堂について」
   湯浅邦弘(大阪大学教授)
15:40-16:00 講演「泊園書院について」
   陶徳民(関西大学ICISリーダー)
 特別講演Ⅱ
16:00-16:30 「明治前期の漢学塾の意義」
   戸川芳郎(二松学舎大学名誉教授)
16:40-17:30 コメント 澤井啓一(恵泉女学園大学教授)
 総合討論

※参加は無料ですが、事前に参加申し込みが必要です。ご希望の方は[所属・役職・氏名]を下記までご連絡下さい。
MAIL: (※こちらの末尾を参照のこと。)
FAX:06-6368-0235
TEL:06-6368-0256

ACCESS MAP
関西大学東京センター 地図
※サピアタワー3Fのフロントで受付をした後、9F にお上がり下さい。

会場情報
関西大学東京センター
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー9 階
TEL:03-3211-1670 FAX 03-3211-1671

お問い合わせ
関西大学文化交渉学教育研究拠点
〒564-8680 吹田市山手町3-3-35 関西大学
TEL:06-6368-0256 FAX:06-6368-0235
MAIL: (※こちらの末尾を参照のこと。)
URL: http://www.icis.kansai-u.ac.jp/


(最終更新日:2007年12月20日)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大阪大学歴史教育研究会 第21回例会 | ホーム | 山内晋次「海域アジア史のポテンシャル―硫黄交易と航海信仰を素材として―」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。