省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

渡辺美季「琉球人か倭人か―16世紀末から17世紀初の中国東南沿海における「琉球人」像―」

渡辺美季「琉球人か倭人か―16世紀末から17世紀初の中国東南沿海における「琉球人」像―」『史学雑誌』第116編第10号、2007年10月
 はじめに
 第一章 五つの「誤認」事例
  一 事例A―失麻哈児事件―
   (一)「倭人」としての判断
   (二)「琉球人」への転換
  二 事例B―哈那事件―
   (一)「倭人」としての判断
   (二)「琉球人」への転換
  三 事例C―金仕歴事件―
  四 事例D―熊普達事件―
   (一)帰属の決定―倭人・琉球人・中国人―
   (二)「琉球人」への転換
  五 事例E―釐失由弗多事件―
   (一)「倭人」としての判断
   (二)「琉球人」への転換
 第二章 「琉球人」か「倭人」か―判断するということ―
  一 「倭人」とは何か
  二 「琉球人」とは何か
  三 「琉球人」か「倭人」か
 第三章 「琉球人」か「倭人」か―判断される人々―
  一 夷人の帰属―重層性と多様性―
  二 夷人の公と私―もう一つの境界―
  三 判断者と非判断者のあいだ
  四 夷人の供述変更
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<渡辺美季「毛維基の生涯―「山北今帰仁監守来歴碑記」の文字を書いた人物―」 | ホーム | 前田舟子「清代の琉球官生と北京国子監」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。