省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第52回国際東方学者会議

既にあちこちで告知がされているが、期日が迫ってきたので再掲する。
詳細については東方学会の告知を参照のこと。

第52回国際東方学者会議・東京会議
  日時:5月18日(金) 10時~
  会場:日本教育会館(神保町駅A1出口徒歩3分) 7・8階

Symposium Ⅱ:
(803・804会議室) 「朝貢」から「互市」へ
(From“Tribute,”to “Mutual Trade,”)


Chairperson MURAKAMI Ei 村上衛, Associate Professor at Yokohama National University
10:30-10:50 Introductory Remarks by MURAKAMI Ei
10:50-11:30 IWAI Shigeki 岩井茂樹 (Japan): 明清時代の互市と互市論の展開(Developments in Mutual Trade and Mutual Trade Theory in the Ming and Ch‘ing) (in Japanese)
11:30-12:10 OKAMOTO Takashi 岡本隆司 (Japan):「朝貢」と「互市」と海関 (“Tribute,” “Mutual Trade,” and Maritime Customs)(in Japanese)
lunch time
13:10-13:50 LIU Shiuh-feng 劉序楓 (Taiwan): 「朝貢」か「互市」か――清代の東アジア海域の視点から (“Tribute” or “Mutual Trade” ?: From the Perspective of the East Asian Maritime Area during the Ch‘ing) (in Japanese)
13:50-14:30
SAKURAI Yumio 桜井由躬雄 (Japan): 18世紀の南海の華人王国――港口國考 (A Chinese Kingdom in the Southern Sea in the 18th Century: On the Port Kingdom of Kang Kao) (in Japanese)
14:30-15:10 YANAGISAWA Akira 柳澤明 (Japan): 内陸世界における「互市システム」の形成とその特徴――対ロシア貿易をめぐって (The Formation of a “Mutual Trade System” in the Chinese Interior and Its Characteristics: With a Focus on Sino-Russian Trade) (in Japanese)
coffee break
15:30-16:10 Comments: KISHIMOTO Mio 岸本美緒, Professor at the University of Tokyo, KURODA Keiko 黒田景子, Professor at Kagoshima Univeristy, SUGIYAMA Kiyohiko 杉山清彦, Assistant Professor at Komazawa University, and MATSUI Yōko 松井洋子, Associate Professor at the Historiographical Institute, University of Tokyo
16:10-17:00 Discussion


Symposium Ⅵ:
(806会議室) アジア海域史と現代海洋研究の課題 (Maritime Asia and Maritime History Studies: 1600-2000)


Chairperson HAMASHITA Takeshi 濱下武志, Professor at Ryukoku University
10:30-10:40 Introductory Remarks by HAMASHITA Takeshi
10:40-11:20 NAGATSU Kazufumi 長津一史 (Japan): 海道の系譜――島嶼部東南アジアにおける海民ネットワークの持続と再編 (A Genealogy of Sea Route: Continuity and Reorganization of Maritime Networks in Southeast Asia) (in Japanese)
11:20-12:00 François GIPOULOUX (France): Maritime Asia and Maritime History Studies, 1600-2000: Asia and China at the Core of Two Periods of Globalisation (1600-2000年における海洋アジアと海洋史研究――2回のグローバル化時代の核としてのアジアと中国) (in English)
lunch time
13:00-13:40 Ulises GRANADOS QUIROZ (Mexico): The South China Sea and Its Coral Reefs during the Ming and Qing: Level of Geographical Knowledge and Political Control (明清期の南シナ海とその諸島――地理的知識と政治上の支配レベル) (in English)
13:40-14:10 BAO Maohong 包茂紅 (China): 海洋亜洲――環境史概覧 (Maritime Asia: Sum- mary of Environmental History) (in Chinese)
14:10-14:50 TSURU Yasuko 都留康子 (Japan): 東シナ海石油・ガス田開発をめぐる日中対立の諸相――協調の海への模索 (Reflections on Maritime Delimitation Dispute in the East China Sea) (in Japanese)
coffee break
15:10-17:00 Discussion (Chair. by HAMASHITA Takeshi)



海域史関連のシンポジウムが同時に二つ開かれるというのが悩ましいところではある。
一応事前登録が必要で5月7日〆切ということになっているが、わざわざ平日である金曜日にやってきた人を追い返すようなことはしないはずなので、興味をお持ちの方は気兼ねなく参加されるとよいと思う。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<杉山清彦「大清帝国支配構造試論:八旗制からみた」 | ホーム | バザールとしての琉球史>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。