省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

にんぷろ・国際シンポジウム「文献資料からみた東アジア海域文化交流」

にんぷろウェブサイトより転載。

文献調査研究部門・総括班共催国際シンポジウム
 「文献資料からみた東アジア海域文化交流」


2008年1月12日(土)・13日(日)
大阪市立大学学術情報研究センター10F会議室
  (※引用者註:恐らく正しくは「学術情報総合センター」と思われる。アクセスマップはこちら。)
 
1月12日
基調講演
 張高評(成功大学)10:00~11:00
海上ブックロードと日本への書物の伝播――中国宋代における雕版印刷の視点から
 Lucille Chia(カリフォルニア大学リバーサイド校)11:20~12:20
中国の出版・書物文化における大変貌――初期スペイン領フィリピンの事例を中心に
個別報告
 北野良枝(東京芸術大学)13:30~14:10
「王会図」の変容
 木津祐子(京都大学)14:20~15:00
『白姓』と『人中画』に見る乾隆期琉球久米村通事の学門と官話
 伊藤幸司(山口県立大学)15:10~15:50
入明僧からみた日明交流
総合討論Ⅰ 16:00~17:00 *会議終了後18:00より懇親会を行います
 
1月13日
 朱剛(復旦大学)10:00~10:40
北宋の賢良進巻について
 中純夫(京都府立大学)10:50~11:30
朝鮮朝時代の科挙と朱子学
 永冨青地(早稲田大学)11:40~12:20
思想史研究における文献学の有用性について――『朱子晩年定論』を一例として
 渡辺純成(東京学芸大学)13:30~14:10
満洲語科学技術文献の文献資料学
 陳捷(国文学研究資料館)14:20~15:00
明治期における日中知識人の筆談資料について
総合討論Ⅱ 15:20~17:00
 
司会:高津孝(鹿児島大学)、平田茂樹(大阪市立大学)、浅見洋二(大阪大学)
会場:JR阪和線杉本町駅下車徒歩5分、地下鉄御堂筋線我孫子駅下車徒歩15分



(最終更新日:2008年1月6日)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大阪大学 経済史・経営史研究会―Om Prakash 先生の御講演 | ホーム | 第40回琉球大学史学会大会のご案内>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。