省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大阪大学 経済史・経営史研究会―Om Prakash 先生の御講演

大阪大学 経済史・経営史研究会の次回研究会の案内。

日時   2007年12月17日(月) 15:00-17:00
場所   大阪大学豊中キャンパス 法経大学院総合研究棟7階701(大会議室)
報告   Professor Om Prakash (Delhi School of Economis)
タイトル Japan as a critical player in Dutch intra-Asian trade in the seventeenth century
 ※大阪大学グローバルヒストリー研究会と共催。



エキサイト翻訳では「17世紀のオランダのアジア域内交易における重要なプレーヤーとしての日本」と出たが、"critical"が含意するところはもう少し複雑かも知れない。
なお、詳細については上記リンク先に英文のサマリーがあるので参照されたい。

(最終更新日:2007年12月13日)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<山内晋次「海域アジア史のポテンシャル―硫黄交易と航海信仰を素材として―」 | ホーム | にんぷろ・国際シンポジウム「文献資料からみた東アジア海域文化交流」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

経済史での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。
2007-12-22 Sat 01:59 一語で検索
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。