省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

須田牧子「中世後期における大内氏の大蔵経輸入」

須田牧子「中世後期における大内氏の大蔵経輸入」『年報中世史研究』第32号、中世史研究会、2007年、pp.141-175
 はじめに
 一、中世日朝関係における大蔵経輸入
  (1)中世日朝関係史研究における大蔵経の位置
  (2)中世日朝関係における大蔵経輸入の概観
 二、大内氏の大蔵経の輸入と利用の諸側面
  (1)大内氏の大蔵経輸入の概観
  (2)一五世紀前半における大蔵経の輸入と利用
   a.興隆寺一切経勧進とその背景
   b.二つの勧進帳
   c.国清寺の元版一切経
   d.大内領国内における大蔵経の日常使用
  (3)一五世紀後半以降の大蔵経の輸入と利用
 三、輸入大蔵経の所在と特質
  (1)大蔵経の移動
  (2)現存大蔵経の諸特徴
  (3)朝鮮王朝の大蔵経賜予の特徴
 おわりに
拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<海域アジア史研究会7月例会 | ホーム | 久芳崇「明朝皇帝に献納された降倭―『経略御倭奏議』を主要史料として―」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。