省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海域アジア史研究会7月例会

海域アジア史研究会・7月例会の案内。

日時:2007年7月28日(土)13:30~

場所:大阪大学豊中校舎 文学部棟2階 史学科共同研究室

内容
研究報告:重松良昭(岡山大学大学院社会文化科学研究科)
「真里富と真臘-1200年代初頭のカンボジアに関する一仮説-」(仮題)

連絡先
大阪大学大学院文学研究科 東洋史学研究室気付(蓮田)
〒560-8532 豊中市待兼山町1-5


久々に『諸蕃志』的な世界の報告ということでなつかしくもあり、是非とも拝聴したいところだが、残念ながら明清史夏合宿2007に参加のため欠席確定。
真里富については、とりあえず藤善真澄訳註『諸蕃志』(関西大学東西学術研究所、1991)38頁の学説整理が簡便だと思うが、果たしてどのような内容になるのか、さらにはF先生とM先生のバトル再来なるか?などなど、興味は尽きない。
返す返すも残念である。

(最終更新日:7月17日)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:2 |
<<神奈川県社会科部会歴史分科会・大阪大学歴史教育研究会による高大連携の試み「東アジア・東南アジア世界をどう教えるか」 | ホーム | 須田牧子「中世後期における大内氏の大蔵経輸入」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

待兼山所在地=大阪府豊中市|山系=千里丘陵|種類=}}待兼山(まちかねやま)は、大阪府豊中市・池田市・箕面市にまたがる千里丘陵の山。「待兼山町」として豊中市の地名にもなっており、その面積の大半を大阪大学|大阪大学豊中キャンパスが占める。.wikilis{font-size:10px;co
2007-08-01 Wed 03:59 大阪探索どっとこむ
東洋大学
2007-08-01 Wed 13:59 大学受験最新ガイド
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。