省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今西裕一郎編『九州大学21世紀COEプログラム「東アジアと日本:交流と変容」統括ワークショップ報告書』

正確には抜刷ではないのだが、頂戴した文献ということでとりあえず。

今西裕一郎編『九州大学21世紀COEプログラム「東アジアと日本:交流と変容」統括ワークショップ報告書』九州大学21世紀COEプログラム(人文科学)「東アジアと日本:交流と変容」、2007年2月、233p
 第一テーマ ヒトの移動とイノベイション
  趣旨説明(中野等)
  ヒトの移動と文化変容(田中良之)
  新羅の文人官僚崔致遠のアイデンティティ(濱田耕策)
  モンゴル時代における民族接触とアイデンティティの諸相(舩田善之)
  人の移動・アイデンティティ・ネットワーク(清水宏祐)
  近世日本における非・日本人(中野等)
  技術移転とアイデンティティ―3・4世紀における倭の鏡を対象として―(辻田淳一郎)
  日本古代中世文書の伝来経緯について―中国・韓国・西欧との比較のための予察―(坂上康俊)
  日本中世国家の貨幣発行権(服部英雄)
  海域アジアにおける人の移動と地域秩序―16世紀末のフィリピン貿易をめぐって―(中島楽章)
  質疑・討論(コーディネイター:溝口孝司 司会:舩田善之)

 第二テーマ 東アジア世界の形成と中華の変容
  趣旨説明(川本芳昭)
  漢と匈奴の国家形成と周辺地域―農耕社会と遊牧社会の成立―(宮本一夫)
  いわゆる東夷社会における国家形成モデル(岩永省三)
  鮮卑の文字について―漢唐間における中華意識の叢生と関連して―(川本芳昭)
  日本から見た東アジア世界の変容(佐伯弘次)
  朝鮮における王朝の自尊意識と国際関係―高麗の事例を中心に―(森平雅彦)
  モンゴル帝国の国家構造における富の所有と分配―遊牧社会と定住社会、中華世界とイラン世界―(四日市康博)
  モンゴル人の中国(中華)に対する意識の変遷(明~清)(森川哲雄)
  質疑・討論(司会:宮本一夫・佐伯弘次)

 総合討論

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<特別企画:にんぷろワークショップ2007 | ホーム | 羽田正「家島彦一著 海域から見た歴史―インド洋と地中海を結ぶ交流史―」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

九州大学
2007-08-01 Wed 17:26 大学受験最新ガイド
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。