省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海域アジア史研究会6月例会

海域アジア史研究会・6月例会の案内。

日時: 2007年6月23日(土)13:30~

場所: 大阪大学豊中校舎 文学部棟2階 史学科共同研究室

内容
 岩川拓夫(大阪大学):
 研究報告「16世紀南九州における贈答品」

連絡先
大阪大学大学院文学研究科 東洋史学研究室気付(蓮田)
〒560-8532 豊中市待兼山町1-5


今月は中世南九州にて贈答品として使用された東南アジア産品に関する報告とのこと。
何故東南アジア産品なのか?というところが、恐らく報告の中心になるのでしょうか。

皆様、ふるってご参加ください。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<山崎岳「朝貢と海禁の論理と現実―明代中期の「奸細」宋素卿を題材として」 | ホーム | GoogleMapsで見た琉球国・鄭文英の墓所>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。