省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海域アジア史研究会・2008年10月例会

海域アジア史研究会のウェブサイトより。

海域アジア史研究会 10月例会

日時:10月25日(土) 14時45分~17時30分頃

場所:大阪大学豊中キャンパス 文法経講義棟 12番講義室

*大阪大学へのアクセス (http://www.osaka-u.ac.jp/jp/accessmap.html)
 豊中キャンパスの地図 (http://www.osaka-u.ac.jp/jp/annai/about/map/toyonaka.html

報告者・報告タイトル (50音順、敬称略)

赤木美智 (大阪大学文学研究科博士後期課程)
 「黄檗画僧 河村若芝の研究ー芦葉達磨図を中心にー」

森實久美子 (大阪大学文学研究科博士後期課程)
 「華厳海会諸聖衆曼荼羅(京都・高山寺蔵)についての一試論」


テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<海域アジア史研究会・2008年11月例会 | ホーム | 関西大学グローバルCOE ICIS 第2回国際シンポジウム「―‘西学東漸’と東アジアにおける近代学術の形成―」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。