省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

関西大学グローバルCOE ICIS 第2回国際シンポジウム「―‘西学東漸’と東アジアにおける近代学術の形成―」

関西大学・文化交渉学教育研究拠点(略称ICIS)のウェブサイト掲載の案内ポスターからの引用。

文部科学省 グローバルCOEプログラム
Institute for Cultural Interaction Studies
関西大学文化交渉学教育研究拠点
International Symposium 2
文化交渉学の構築Ⅰ
―‘西学東漸’と東アジアにおける近代学術の形成―


期日:2008.10.24(金)- 25(土)
会場:関西大学 以文館 4階 セミナースペース

〈PROGRAM〉
10/24(金)
10:00-10:15
 開会挨拶 河田悌一(関西大学長)
 趣旨説明 藤田夫(関西大学ICIS)
【基調講演】
10:15-11:00
 中見立夫(東京外国語大学A・A研)
  『元朝秘史』渡来のころ
   ―日本における「東洋史学」の開始とヨーロッパ東洋学、清朝「辺疆史地学」との交差―
11:05-12:05
 張西平(北京外国語大学)
  ヨーロッパ人宣教師のシノロジー
   ―A・キルヒャーとM・ボイムを中心に―
【セッション1 西からのまなざし】
13:30-14:30
 W.J.Boot(ライデン大学)
  シーボルト、ホフマンとその弟子
   ―ライデンにおける東洋学の伝統―
14:40-15:40
 李雪涛(北京外国語大学)
  民国時代の北平におけるドイツ人シノロジスト
15:50-16:20
 野間晴雄(関西大学ICIS)
  東洋の植物を求めて
   ―植物園・プラントハンター・園芸家の文化交渉学―
16:20-16:50
 コメント:内田慶市(関西大学ICIS)
      高橋誠一(関西大学ICIS)

10/25(土)
【セッション2 東アジアの「東洋」認識】
10:00-11:00
 Stefan Tanaka(カリフォルニア大学・サンディエゴ)
  Time and the Paradox of the Orient
11:05-12:05
 沈国威(関西大学ICIS)
  厳復と「科学」
12:05-12:30
 コメント:藤田夫
【特別講演】
13:30-15:00
 鄒逸麟(復旦大学)
  清代における疆土・版図観念の変遷について
【パネルディスカッション/総合討論】
15:15-16:15


千里山キャンパスへのACCESS MAP
 (キャンパスマップの7番・以文館の4階が会場です)

※参加は無料ですが、事前に参加申し込みが必要です。詳細は拠点ウェブサイトおよび案内ポスターを御参照ください。


テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<海域アジア史研究会・2008年10月例会 | ホーム | 第20回九州華僑華人研究会(にんぷろ・寧波博多関係班共催)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。