省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第20回九州華僑華人研究会(にんぷろ・寧波博多関係班共催)

にんぷろのウェブサイトよりの転載。

第20回九州華僑華人研究会
寧波博多関係班共催


日時:2008年10月11日(土) 9:50~17:00
会場:門司港レトロ観光物産館(港ハウス)多目的ホール(A)
〒801-0853 福岡県北九州市門司区東港町6-72
℡093-321-6117(受付 白川薫)   【地図・アクセス】
 
◆プログラム
【午前の部】
9:50-10:30 九州華僑華人研究会・総会
10:30-11:10 <記念講演>永木睦文(門司港中国船友好交流協会代表幹事)
    「関門海峡と港街門司港─港と街の発展経過」
11:10-11:40 <研究発表>久芳崇(九州大学人文科学研究院)
    「明代における献俘式と日本兵」
11:40-12:10 門司港発祥・バナナのたたき売り実演
12:10-13:00 昼食
 
【午後の部】
寧博関係班・九州華僑華人研究会共同研究会「17-19世紀のアジア海域と華人通商網」
13:00-13:40 報告1:中島楽章(九州大学人文科学研究院)
    「17世紀初頭、肥後地域の福建海商と唐人町」
13:40-14:20 報告2:佐々木綱洋(都城市教育委員会)
    「延宝8年(1680)、バタン人日向(飫肥領外之浦)漂着事件の解明と関係史料」
14:20-14:30 休憩
14:30-15:10 報告3:田中 玄経(広島大学文学研究科)
    「タイ・アユタヤ時代の対清朝貢使についての一考察」
15:10-15:50 報告4:蒋海波(武庫川女子大学)
    「日本における寧波商人団体の形成――神戸三江商業会を例として」
15:50-16:00 休憩
16:00-16:50 報告5:島田竜登(西南学院大学経済学部)
    「海域アジアの通商網と近世長崎貿易――唐蘭貿易という複合チャンネル構造の意義」
懇親会 18:00~20:00
レストラン三井クラブ
 
◆関門海峡巡検
10月12日(日) 9:00-16:00
9:00-10:00 レトロ周遊バスツアー
10:00-10:40 レトロ散策
11:00-12:00 海峡クルージング(巌流島上陸も)
12:00-13:30 貸し切りバス(中型バス16:00まで借用)で赤間宮へ移動
宮内で昼食(自費1500円)・水野宮司の案内説明
13:30~15:30 長府高山寺・晋作の墓・国分寺・るりこう寺・住吉神社
16:00 門司港レトロ駅で解散


テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<関西大学グローバルCOE ICIS 第2回国際シンポジウム「―‘西学東漸’と東アジアにおける近代学術の形成―」 | ホーム | 西村昌也「北部ヴェトナム銅鼓をめぐる民族史的視点からの理解」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。