省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日野康一郎「明末民変と山地開発の問題――江西省上饒県の場合――」

日野康一郎「明末民変と山地開発の問題――江西省上饒県の場合――」『東洋学報』第86巻第4号、2005年3月、pp.1-29
 はじめに
 一、民変の経過
  1、銅塘山開発の決定
  2、民変の勃発
  3、禁山区開発の中止
 二、民変の背景
  1、広信府における山地開発と「土民」・「奸民」
  2、「自ら資本を備うの害」
  3、流民と山区経済
  4、禁山をめぐって
 むすびにかえて

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<日野康一郎「北京の流入民と万暦後期の政局」 | ホーム | 榎本渉「「板渡の墨蹟」から見た日宋交流」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。