省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大野晃嗣「明代の「同年歯録」が語る進士とその子孫――『嘉靖丙辰同年世講録』を中心に――」

大野晃嗣「明代の「同年歯録」が語る進士とその子孫――『嘉靖丙辰同年世講録』を中心に――」『集刊東洋学』第98号、2007年10月31日、pp.63-81
 はじめに
 一 進士楊道亨と『嘉靖丙辰同年世講録』の編纂
 二 伝世する「同年歯録」
  (一) 現存『嘉靖丙辰同年世講録』は誰の家系に伝わったものか
  (二) 子孫にとっての「同年歯録」
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『艾爾摩莎:大航海時代的臺灣與西班牙』(Hermosa: Maritime Taiwan and Spain) | ホーム | 大野晃嗣「明代の進士観政制度に関する考察」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。