省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大野晃嗣「明代の進士観政制度に関する考察」

大野晃嗣「明代の進士観政制度に関する考察」『東北大学文学研究科研究年報』第56号、2007年3月、pp.87-128
 はじめに
 第一章 明代前期の政局と進士観政制度
  第一節 進士観政制度創設の背景と朱元璋の意図
  第二節 永楽政権の舵取りと進士観政制度
 第二章 進士観政制度が果たした役割――なぜ制度は維持されたのか――
  第一節 進士にとっての観政制度の変容、並びに「放回依親」措置の実施状況
  第二節 進士観政制度の役割――守部進士の存在と観政進士の任務を突破口として――
 展望――結語にかえて――

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大野晃嗣「明代の「同年歯録」が語る進士とその子孫――『嘉靖丙辰同年世講録』を中心に――」 | ホーム | 上田裕之「清代康煕後半の京師における貨幣政策と銭貴の発生」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。