省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

高遠拓児「清代秋審制度と蒙古人犯――秋審招冊の関連事案を中心として――」

高遠拓児「清代秋審制度と蒙古人犯――秋審招冊の関連事案を中心として――」中央大学東洋史学研究室(編)『池田雄一教授 古希記念アジア史論叢』 白東史学会、2008年3月、pp.385-407
 はじめに
 一 モンゴル人倫本が民人李受章を扎傷して殺害した一件 ― 乾隆五十(1785)年の「秋審招冊」から
 二 瑪哈第瓦が趙太を殴傷し殺害した一件 ― 道光十(1830)年の「秋審招冊」から
 三 曼済が洛布桑哈爾察噶を傷つけて殺害した一件 ― 光緒末年の「秋審招冊」から
 四 薩木丹が布彦図を鎗傷し殺害した一件 ― 光緒三十四(1908)年の「秋審招冊」から
 結びにかえて

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<上田裕之「清代康煕後半の京師における貨幣政策と銭貴の発生」 | ホーム | 水盛涼一「書評:太田出・佐藤仁史編『太湖流域社会の歴史学的研究――地方文献と現地調査からのアプローチ』」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。