省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

水盛涼一「太平天国後期の政治構造の再検討――上奏文管理権再編の詔書を中心として――」

水盛涼一「太平天国後期の政治構造の再検討――上奏文管理権再編の詔書を中心として――」『歴史』第105輯、2005年9月25日、pp.105-133
 はじめに
 一 上奏文管理権再編詔の位置
 二 上奏文管理権再編詔の再検討
  (一)「朕詔仝全知之」と王号保持者
  (二)「列叔奏凱回朝」
  (三)「東印通蓋各本章」
 三 上奏文管理権再編詔の背景
 結びにかえて

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<水盛涼一「太平天国後期官僚制度再考――1860年の官員人事制度再編を中心として――」 | ホーム | 伊藤陽寿「清代冊封使の派遣実施の議論と冊封使の請願――清朝第二回目の冊封琉球使について――」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。