省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

赤城美恵子「清朝初期における「恤刑」(五年審録)について」

赤城美恵子「清朝初期における「恤刑」(五年審録)について」『東洋文化研究所紀要』第152冊、2007年12月、pp.1-57
 はじめに
 一 清朝における恤刑手続の導入
 二 恤刑の具体的手続
  (一) 手続の枠組み
  (二) 実際の恤刑手続
 三 恤刑における矜疑事案とその処理
 四 恤刑手続の中で現れた問題
  (一) 地方手続において
  (二) 中央への負担
 五 恤刑の廃止と他の審録手続
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<赤城美恵子「清朝秋審における緩決人犯の減等について」 | ホーム | 荷見守義「北緯四〇度の歴史学――東アジア世界における北方日本――」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。