省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

明清史夏合宿2008in島根/石見銀山巡検

しばらく出張続きだったため更新が滞っていたが(そうでなくても滞っているが)、ぼちぼち再開。
まずは8月1日~5日の島根出張から、明清史夏合宿2008in島根と石見銀山巡検から。
「第22回明清史夏合宿」の横断幕
合宿自体のプログラム等についてはこちらを見ていただくとして、今回で22回目だったんですね。
毎回参加している割には、全然知らんかった(笑)。
にんぷろ・明清史夏合宿共催国際シンポジウム「“銀の世紀”の中国と東アジア」も盛況でしたが、惜しむらくは質疑・議論の時間が少なかったこと。
こう書くと、「おまえがいらん質問たくさん出すからだ!」と言われそうだが、あれがなくても時間はやはり足りなかったと思う。
まあ、今回はこれに限らず、ちょっと日程に余裕がなかったですね。

大久保間歩ツアーの送迎バス
3日の石見銀山巡検では、人数限定の大久保間歩ツアーに参加。
登り口までは、バスで送迎していただく。

大久保間歩の入り口
間歩の入り口脇にある小屋で、ヘルメット・長靴・懐中電灯できっちり装備してから入る。
入り口は低い鉄骨に注意。
ええ、ヘルメットがあって、本当に助かりましたとも。

大久保間歩の内部
内部は非常に涼しく(というか少し寒いくらい)、ツアーへの参加には長袖・上着が必須条件になっている。
また内部は暗いので、あまりいい写真は撮れない。
あとは御自分の目で御覧あれ。

大久保間歩ツアーの登山風景
大久保間歩から、さらに登る一行の風景。
ただし、実は下り道の方が滑りやすく、要注意であろう。

石見銀山資料館
かつての大森代官所の敷地内に設けられた資料館。
図録も販売しているが、目につきにくい位置に置いてあるため、気づかなかった人もいたらしい。

城上神社拝殿
資料館の北隣にある大森町の氏神社、城上神社。
拝殿の天井には「鳴き龍」と呼ばれる龍の絵が描かれている。

熊谷家住宅
大森町の有力商家であった熊谷家の住宅。
現在は重要文化財に指定されており、内部は一般公開されている。

【追記】大久保間歩については、雑記@史華堂さんのところで詳しい解説がされているので、そちらを参照されたい。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

日々雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ACTA ASIATICA No.95 | ホーム | 周縁プロジェクト合宿と明日香村・稲淵>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。