省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2007年度広島史学研究大会シンポジウム「中・近世期の海港都市と海域世界のネットワーク―海・都市・宗教―」

2007年度広島史学研究大会シンポジウム テーマ「中・近世期の海港都市と海域世界のネットワーク―海・都市・宗教―」『史学研究』第260号、2008年6月17日、pp.1-67

鹿毛敏夫「戦国大名領国の国際性と海洋性」
 はじめに
 一 海 ~中世の交易空間
  (一)守護・戦国大名船の活動と交易
  (二)海の領主の海洋性
 二 都市と宗教 ~国際性・海洋性を支える場と思想
  (一)水辺の中世都市
  (二)中世都市のなかの唐人
  (三)都市信仰の開放性
 おわりに

上里隆史「15~17世紀における琉球那覇の海港都市と宗教」
 はじめに
 一、海港都市那覇と居留地の形成
 二、琉球王権と那覇の外来勢力
 三、那覇の各宗教とその特徴
 四、古琉球社会における外来宗教の受容と習合
 おわりに

堀井優「近世初頭の東地中海――オスマン帝国とエジプト海港社会――」
 はじめに
 一 東地中海のオスマン化
  (一)多様化と一元化
  (二)開放性の増大
 二 多宗教的な海港社会
  (一)条約体制下の裁判規定
  (二)イスラーム法廷のヨーロッパ人
  (三)雑居的な居住形態
 むすび

【コメント】

本田博之「シンポジウム「中・近世期の海港都市と海域世界のネットワーク―海・都市・宗教―」に参加して」

深沢克己「三報告へのコメント―ヨーロッパ的視点から」
 (一)広域性、または海域ネットワーク
 (二)局地性、または海港都市の形成発展
 (三)領域性、または地方権力や国家権力との関係性
 (四)内面性、または海港都市における宗教と信仰

【総括】

井内太郎
 一 シンポジウムの狙い
 二 アジア海域ネットワークと地中海域ネットワークの比較
 三 海域ネットワークの中の海港都市の性格
 四 海港都市における宗教的寛容の問題

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<周縁プロジェクト合宿と明日香村・稲淵 | ホーム | 鄭潔西「万暦朝鮮役により明軍に編入された日本兵」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。