省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

承志(Kicengge)「満洲語で記された「黒竜江流域図」」

承志(Kicengge)「満洲語で記された「黒竜江流域図」」藤井譲治・杉山正明・金田章裕編『大地の肖像 絵図・地図が語る世界』京都大学学術出版会、2007、第十章、pp.193-222
はじめに
一 台北国立故宮博物院蔵「黒竜江流域図」について
二 「黒竜江流域図」作製の時代背景
三 データが語る歴史
 1 幻の国境碑
 2 アイフン城
四 康煕時代からの黒竜江流域の水系視察
おわりに
拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<岩井茂樹「清代の互市と“沈黙外交”」 | ホーム | 杉山清彦「大清帝国支配構造試論:八旗制からみた」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。