省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

玉井建也「琉球使節通行に対する「御仕構」態勢について――伊予国津和地島を事例として――」

玉井建也「琉球使節通行に対する「御仕構」態勢について――伊予国津和地島を事例として――」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第51輯・第4分冊、2006年2月、pp.31-46
 はじめに
 一、「御仕構」における浦触について
 二、「御仕構」における情報収集について
 三、「御仕構」における接待準備
 四、「御仕構」態勢の内訳
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<玉井建也「現代コンテンツにみる沖縄イメージ」 | ホーム | にんぷろ・文献資料研究部門「儒学テキストを通しての近世的思考様式の形成―日中における対照的研究」『研究報告集3』>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。