省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『南日本文化財研究』No.7

『南日本文化財研究』No.7、2008年5月30日、33p

 鹿児島県における15~16世紀の在地土器編年の視点(坂元恒太)
 鹿児島県の薩摩塔(松田朝由)
 南さつま市小松原から出土した琉球産緑釉水注(上東克彦)
 薩摩塔小考(高津孝・橋口亘)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<にんぷろ・文献資料研究部門「儒学テキストを通しての近世的思考様式の形成―日中における対照的研究」『研究報告集3』 | ホーム | 藤浪三千尋「旧三光院(隼人町)と日秀上人について」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。