省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

東條哲郎「19世紀後半マレー半島ペラにおける華人錫鉱業――労働者雇用方法の変化と失踪問題を中心に――」

東條哲郎「19世紀後半マレー半島ペラにおける華人錫鉱業――労働者雇用方法の変化と失踪問題を中心に――」『史学雑誌』第117編第4号、2008年4月、pp.1-34
 はじめに
 第一章 ラルットにおける錫採掘
  (一) ペラ錫産業の概観
  (二) 錫採掘の規模と採掘収益
  (三) 労働者雇用
 第二章 キンタにおける錫採掘
  (一) 採掘規模と経営
  (二) 労働者雇用
 第三章 失踪問題
  (一) 労働者の失踪
  (二) 失踪阻止のための政策とその限界
 終わりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<藤浪三千尋「旧三光院(隼人町)と日秀上人について」 | ホーム | 海域アジア史研究会6月特別例会>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。