省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海域アジア史研究会5月例会

海域アジア史研究会・2008年5月例会の案内。

日時:2008年5月24日(土) 14:00~

場所:大阪大学豊中キャンパス 文学部棟1階 中庭会議室
 (文学部棟の正面玄関を入って、そのまままっすぐ進んで中庭に出て下さい)
  豊中キャンパスの地図へのリンク

内容
 向正樹 氏(帝塚山大学非常勤講師):
 研究報告「クビライの南海招諭」

 研究会後には懇親会を予定しております。また、資料代として200円ご用意下さい。
 皆様のご参加を、お待ちしております。

書面での問い合わせは下記まで
大阪大学大学院文学研究科 東洋史学研究室気付
〒560-8532 豊中市待兼山町1-5
Tel.: 06-6850-6111(内線2138):土・日・祝日は不通



なお、案内送付希望などメールでの問い合わせについては、研究会のサイトを参照されたい。

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<海域アジア史研究会6月特別例会 | ホーム | 橋本雄「室町日本の対外観――室町殿の「内なるアジア」を考える――」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。