省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

橋本雄「室町日本の対外観――室町殿の「内なるアジア」を考える――」

橋本雄「室町日本の対外観――室町殿の「内なるアジア」を考える――」『歴史評論』No.697、校倉書房(歴史科学協議会編集)、2008年5月、pp.53-69
 はじめに
 一 義満の冊封関係成就を見直す
  (1) 幕府周辺に根強い「日本国王」号否定論
  (2) 足利義満の受封儀礼を見ていたのは誰か
  (3) 受封儀礼は誰が伝授したのか
  (4) 受封儀礼は規定通りに執行されたか
 二 室町文化はいわゆる唐風文化か
  (1) 室町殿の唐物趣味とは
  (2) 転換点としての義持期
 おわりに

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

拝領抜刷・文献 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<海域アジア史研究会5月例会 | ホーム | にんぷろ・黒潮班『近世東アジアと黒潮圏交流 国際共同研究会報告書』>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。