省省流転

歴史研究の日々のよしなしごとについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

海域アジア史研究会・大阪大学歴史教育研究会第51回例会共同研究会

海域アジア史研究会・
大阪大学歴史教育研究会第51回例会
共同研究会


日時:5月21日(土) 13時30分~17時30分
場所:大阪大学 豊中キャンパス 文法経本館2階 大会議室室
  *大阪大学へのアクセス
   (http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/)
    豊中キャンパスの地図
   (http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka.html
    豊中キャンパスの地図の(2)の建物です。図書館側の入り口からお入りください。

報告:
桃木至朗 (大阪大学CSCD教授/大阪大学歴史教育研究会代表)
 「日本列島を含む東アジア海域史の枠組みの整理」


コメント兼ミニ報告:
岡本弘道 (関西大学非常勤講師)
 「せめぎ合う関係性――「冊封」「朝貢」「互市」の理念と現実」
 

  研究会後には懇親会を予定しております。


報告の趣旨・概要については、ダオ・チーラン先生のブログでの告知も参考になると思います。

なお、連絡先等、詳細については大阪大学歴史教育研究会ウェブサイト、もしくは大阪大学東洋史研究室ウェブサイト・トップページ告知欄を参照のこと。

スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

学会・研究会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。